診療科目のご案内


予約状況の確認
(PC・携帯電話対応)

QRコード携帯の方はこちらから

プレスリリース・リンク

ドクターズファイル

資料


※PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。

医療費控除について

医療費控除ってなに?
納めた税金の一部が還付金として戻ってきます。
本人または本人と生計を共にする配偶者、その他親族のために支払った医療費が対象となります。
その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象です。

家族の中で一番所得金額の多い人にまとめて申告するとお得です。
治療は同じ年に家族でかかった方がお得です。今年歯科治療をした方は、他の家族の方の治療も検討してみてはいかがでしょうか。
医療費控除は5年前までさかのぼって受けることができます。
医療費控除になるものは?
以下のものが控除の対象になります
・医師に支払った診療費、治療費
・出産費用 ( ただし出産一時金をもらった場合はその差額 )
・歯科治療費・保険外の診療を含む
 ( 美容目的の歯列矯正は対象外ですが未成年者は控除の対象になります。
  20歳を超えても治療目的であると歯科医の証明があれば対象になります。)
・介護保険制度の下で提供された一定の施設、居宅サービス等の自己負担額
・通院・入院のための交通費
 ( 交通費は領収書が無くとも対象となりますので、料金や経路を記録しておきましょう。)
※ 付添いの方の交通費は、ご本人が年少であったり、疾病が重度であり付添いがなければ通院できない場合には控除の対象になります。
※ 電車やバスで行ける場合、原則としてタクシーの利用は認められません
手続きの仕方は?
会社の年末調整では行われません。 患者さまご自身での確定申告が必要です。
確定申告は毎年2月中旬~3月中旬に行われます。
※申告書は国税庁のホームページ、または税務署、市区町村窓口でお受け取りできます。
その他必要書類は以下の通りです。
・医療費の領収書
( 交通費は領収書が無くてもOKです。料金や経路を記録しておきましょう )
・医療費控除の内訳書
・保険金などで補てんされている金額が分かるもの
・銀行通帳 ( 確定申告をされる方名義の物 )
・給与所得の源泉徴収書
( 給与所得者の場合です。 必要な書類は対象の方により異なる場合があります )
 国税庁ホームページ http://www.nta.go.jp/
  トップページ > 税について調べる > タックスアンサー > 所得税 > 医療費を支払ったとき